« ランニング〜good | トップページ | 母が・・・ »

2008年9月12日 (金)

広島市民球場跡地の行方

広島人の方々が、気を揉んでいる。

広島市民球場跡地の行方について・・・

ご存知、広島カープは、来年から、広島駅近くに建設中の新球場をホームスタジアムとすることになる。

・・・さて、現在のホームスタジアムである広島市民球場をどうするか・・・

広島に行ったことのないかたのために書いておくと・・・この球場、紙屋町という広島の中心地、そして世界遺産”原爆ドーム”のほぼ正面、というところに立地している。

そこでだ、市は、市民球場を取り壊し、公園&テナントビルbuildingにしようという方針らしい。

うんうん、普通ならこういう手もあるかなという感じ?

でもね(´Д`)

広島人にとって、市民球場はただの野球場baseballじゃないらしい(;´・`)

先の戦争で大被害を受けた広島の”復興のシンボル”なんだ・・・

貧乏球団だった広島カープを助ける為、市民はなけなしの財布のお金を市民球場前に置かれた樽になげいれた・・・

有名な『樽募金』である(┬┬_┬┬)

・・・とにかく、市民球場は、市民の戦後を共に歩いて来た聖地なんだ・・・

そして、市の中心地にスポーツを楽しめる場所があることも、”スポーツ王国”を公言する広島の象徴であったはずだ!

実際、新も、広島にすんどった頃、買い物帰りに、「ちょっと、野球見て帰ろ!」なんてこともあったけんね(^O^)

・・・で、こんな意見がある・・・

〇球場の外観は保全する
〇中を広島のもうひとつのプロチーム『サンフレッチェ』が使えるサッカースタジアムに改修する〇敷地内に市民球場とカープ、広島の復興の歴史を語る記念館を設定する

新はこの案に強く同意するo(^-^)o

別に新がサンフレッチェサポーターでサッカー専用スタジアムが欲しいって思っているからではない!

広島に住んだ経験から、あの場所にこれ以上公園を造ることに意味を感じないし、テナントビルなんて一部業者の思惑が見えかくれしていて絶対嫌だ!もう、ビルbuildingも十分あるでしょ!

また、広島の玄関口”広島駅”には『カープ』が、広島の中心地”紙屋町”には『サンフレッチェ』が陣取る街づくりは、非常に魅力的で、ほかの街に対し、誇れるものになると思う。

サッカーは世界の共通語・・・観光で訪れた多くの外国人に対しても、あの場所にサッカースタジアムがあることは、非常に意味ぶかい・・・

そして、何より、市民の球場への想いが満たされる!

市には、とにかく市民の意見に耳を傾けて欲しい!業者の人じゃなくてね(-.-;)

あの場所は”利益を生み出す場所”ではない!!

市民にとって”復興のシンボル”であり”スポーツを通して広島にたいする郷土愛を再確認する場所”だ!!!

(意味のない)公園の皮を被ったテナントビルを中心にした利益主導の再開発を許してはいけない!

後悔した時には、おそいぞ!

ビルbuildingが出来ちゃったら、おしまいだ!

最後に、新は東京に住んどるんで、この件に関する、広島現地の状況がようわからんのやけど、テレビや新聞といったメディアは、市の動きに対する市民の反応を正確に捉え、きっちり報道しているのだろうか?

民意を汲み上げ、しらしめ、冷静な判断と、確かな知識で、その流れをムーブメントにしていくのも、メディアの役割であり、義務だと思うのだが・・・

|

« ランニング〜good | トップページ | 母が・・・ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

(・ω・)/

確かに…。

広島市は4年前位に世界遺産の原爆ドームがある周辺土地が商業地域に転換された事に伴い高層マンションの建設計画を認可し…地元住民や県内外からの反対署名により高層建築を撤回し引くく訂正させたって事もあります。

現広島市長はアメリカハーバード大学出身のエリートですが、赤字の広島市の行政の舵取りに気を取られ、今一つ…地域住民との広島文化(スポーツを含めて)の認識が足りない気がします。

(*^-^)b

全てが行政や市長の責任じゃ無いけどね。

投稿: トミー | 2008年9月12日 (金) 10時22分

トミーさん、こんにちは!
とにかく、目先の利益にとらわれないことと、市民の意見に耳を傾けることはして欲しいです。

投稿: | 2008年9月12日 (金) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043003/23682557

この記事へのトラックバック一覧です: 広島市民球場跡地の行方:

« ランニング〜good | トップページ | 母が・・・ »